日焼け止めしたいなら食べちゃダメなものがあるの、ご存知?

非日焼け止め系食べ物を取り入れないようにしましょう♪

日焼け止めしたいなら食べちゃダメなものがあるの、ご存知?

飲まない日焼け止め「アルコール」

アルコールと日焼けはどう関係するの?

夏にはBBQや海の家、そしてキャンプなどで冷えたビールを飲みたい!という人は多いのではないでしょうか。でも実はお酒を飲むことにより、肌が真っ赤に日焼けしやすくなるということがあるのです。
肌が痛くなるほどの、真っ赤な日焼けを経験したことはありますか?これは肌が炎症を起こしている状態で、一種のやけどとも言えるものなのです。そしてこの炎症はアルコールを飲むことにより、悪化することが知られています。

なぜアルコールを飲むと日焼けがしやすいの?

肌の炎症には、プロスタグランジンという物質が関係しています。このプロスタグランジンには、血管を拡張したり、炎症を起こしたり、痛みを強めるなどの作用があるのです。
そしてこの物質は、肌が紫外線を受けて、肌の細胞に活性酸素が発生して、活性酸素によって脂質が酸化するという流れが起こります。そしてプロスタグランシンが作られるのです。
長時間日光を浴びているだけでも日焼けをするというのは、こういう理由があるのです。そこにアルコールが加わるということは、アルコールの血管を拡張したり、血液を促進するというような作用が加わることになります。
結果として、プロスタグランジンの作用を助けることにつながるのです。そのためアルコールを飲むと日焼けが悪化しやすくなります。

公開日: