日焼け止めしたいなら食べちゃダメなものがあるの、ご存知?

非日焼け止め系食べ物を取り入れないようにしましょう♪

日焼け止めしたいなら食べちゃダメなものがあるの、ご存知?

食べない日焼け止め「オレンジ」

オレンジには栄養が豊富

オレンジについて一番含まれている栄養素はビタミンCです。これはレモンに近い量が含まれていることになります。ネーブルでもバレンシアでも半個食べることにより、ほぼ1日のビタミンCの最低必要量を摂取することが可能です。
そしてカロチンも含まれていて、ビタミンB1、B2、ニコチン酸なども、レモンよりも多く含まれているのです。リンや鉄、ナトリウムやカルシウム、そしてミネラル成分も適度に含まれています。そのため、バランスの良い栄養素を持つ食べ物なのです。

オレンジにもソラニンが含まれています

ソラニンはオレンジにも含まれていて、紫外線でメラニンを活性化しているのです。美容や健康に良いと思ってオレンジを安易に食べることは、危険ということになるでしょう。メリットも多いですが、デメリットもあることになります。
食べた後に紫外線を浴びることにより、メラニンが活性化されてシミになりやすいのです。実際には、そのことを知っている人はとても少ないそうです。そのためオレンジを普通に美味しく食べているということも多いでしょう。
でも実はそういうリスクを背負っていることになりますので、そのことを理解した上で摂取をするか決める必要がありますね。

公開日: