日焼け止めしたいなら食べちゃダメなものがあるの、ご存知?

非日焼け止め系食べ物を取り入れないようにしましょう♪

日焼け止めしたいなら食べちゃダメなものがあるの、ご存知?

食べない日焼け止め「パセリ」

パセリを食べる事のメリット

パセリというと栄養がありそう!というイメージがありますよね。実際に地中海沿岸地方の原産であり、ヨーロッパでは古代ギリシャ時代よりも前から栽培されていました。古代ギリシャ、ローマ時代には、すでに香辛料として使われていたという文献があります。

パセリというと料理のつけあわせというイメージがありますが、実はとても栄養価が高いのです。ビタミンCは100g中200mgもあります。野菜や果物の中でもトップと言われているのです。
そしてカロチンも人参とトップを争うような量が含まれています。そして鉄分の含有量も多いのです。100g中9.3mgという鉄分の量は、野菜の中でトップです。これは鉄が多いと言われている小松菜の3倍以上もあるのです。カルシウムやビタミンB1、B2も含む野菜なのです。

パセリにもソラニンが!

パセリにもソラニンが含まれています。光の吸収を増幅する作用があるのです。つまりはパセリを食べて太陽の日差しを浴びることにより、日焼けをすることにつながるのです。もしサプリメントでビタミンCを摂取すれば、ソラニンが含まれていないことが多いですから、安心かもしれません。
パセリを食べる時には、ソラニンが含まれていることをよく理解するようにしたいですね。

公開日: